FXの税金対策

FX税金対策には、どのような方法があるのでしょうか?
FXを副業にしている主婦やサラリーマンも
非常に多いと聞きますので、しっかりとした
FXの税金対策を考えていきましょう!


FXで儲かった収益の分にも、
しっかりと税金がかかってきます。
所得税の中に雑所得として合算して税金を払う事になるので、
儲けの10%程度は税金として出ていくくらいの
コスト管理が必要だと頭に入れておく事が必要です。


ここで注意点ですが、年間の儲けが20万以下の場合は、
申告して税金を払わなくてもいい事になっているのは、
税金対策を行なっている方ならば知っていると思います。
年間20万以下ならば・・・月1.6万程度ですが、
お小遣いにはなりますよね。


FX投資の利益には、株式や先物取引に設定されているような
分離課税などの税制優遇がありません。
ですから、税率が20%と高いのも一つの理由なのです。
どちらもやっている場合は、トータルの損益を
合算してはいけないので、間違っても
FXで得た収益を株で得た収益に混ぜないで下さいね(笑)


FX税金対策を考える上で、覚えておきたいのは、
FX向けの税金優遇政策として、2005年から
「くりっく365」(取引所為替証拠金取引)と言うものが
設定されています。
この「くりっく365」(取引所為替証拠金取引)ですが、
手数料が高いことが難点ですが、700万円以上の利益が出ている場合は税率が割安になったり、損失を3年間持ち越せるなどの税金優遇・・・つまりはFXにおける
税金対策になりえるので覚えておきましょう!

FX税金対策についてでした。

FX(外国為替証拠金取引)とは

FX(外国為替証拠金取引)とは何でしょうか?

最近よく耳にする機会の多い言葉に、
「FX」というものがあります。
最初は「株」のように株券のようなものを購入して
資金、資産を増やしていくものだと思ってました。
しかしfxは、よく調べていくと、株とは少し違う感じですね。
そこで「FX」について調べてみました。


FXとは、日本語で「外国為替証拠金取引」と言い、
外貨を売買する金融商品の事を意味します。
英語で「Foreign Exchange」と言う事から、
「FX」と名づけられているんですね。
では、この「FX」ですが、外貨?金融商品?
それってどんな意味?
と、思う方もいるかもしれませんので簡単に説明を・・・


外貨と言えば、ドルやユーロなどの事を意味します。
つまり、外貨そのものを取引しながら、その
値動きで儲けようとするのが「FX」なのです。


FXはここ最近において日本では非常に流行しています。
特に少ない資金から取引が可能であると言う利点から
主婦やサラリーマンなど、忙しい時間の合間を縫って
fxを行なっている方々が多くあり、
また、稼いでる方も多いです。
FX自体の基本的な考え方は単純であり、ようは、
外貨であるドルやユーロが上昇したり(上がったり)
下落したり(下がったり)する事で、収益や利益に
影響が変化すると考えれば、実に初心者の方にも
簡単に理解できるのではないでしょうか。
FXはこのように、わかりやすい「ビジネス」と言えますから、
時間のない主婦やサラリーマンにも人気がでているのですね。


FXについてでした。






FXの節税対策

FXで稼ぎ出して利益が出始めるともちろん嬉しいですが、
その逆に考えなければいけない問題が出てきます。
それが「税金」の問題なのです。
FXでは、大きく儲ける可能性が大きいので
税金が重くのしかかる仕組みを理解して、
税金対策や節税対策をする事が重要です。


申告不要枠の20万円を利用するかどうかで
支払う税金の額が違ってきます。
この20万円の枠を活かす事で、税率によって
4万円〜6万円の節税が出来ますが、
この20万円の枠を利用するか、それとも、
とにかく稼げるだけ稼ぐか・・・
それは個人個人の計画性にかかっているでしょう。


通常のFX会社では何年もスワップ金利が貯まっていき、
決済しない限りは雑所得になりません。
決済しない年はいいのですが、決済した年には数年分のスワップ金利に対しまとめて課税されます。
ここはよく理解しておいたほうがいいですね。


FXで得た利益は雑所得に区分され、
年間20万円までは申告義務がありません。

【関連サイト】

fxブログ@fx初心者必勝法!!

FXの税金と税金対策

FX税金と税金対策についての日記ですが、
FX投資で儲けた場合、「やったー!」と
誰しもが思いますよね?!
別にfxじゃなくても思うか・・・(汗)
ですが、fxで儲けが出たら、次は
FXの税金や税金対策を覚えるように心がけましょう。


通常の税金と言うものは、給与や事業などによる
所得にかかる所得税と、株式や先物投資などのように
特別な税率が決まっている分離課税があります。


ですが、FXで得た収益にかかる税金には
雑所得として申告して、儲かった分は
多く給与があったと計算し、所得税として
税金を払うことになります。


複数の取引業者でFX投資をしていた場合は、
損をしている口座も儲かっている口座も
合算して申告できますが、トータルで損失が出ていても、
他の所得から損失を差し引く事は出来ないので注意です。


FX投資のための必要経費は差し引くことができるので、
手数料や購入した資料などは記録や領収書を残して
賢く税金を払いましょう

FX税金と税金対策についてでした。

FXの税金について

FX税金についてですが、
FXで得た収益にかかる税金は皆さん、
どうしているのでしょうか?
全額納めているのか、それとも、
FXの税金対策をしているのか・・・・・
非常に気になるところでもあります。
FXにおける税金対策には、どの様な方法があるのでしょうか?


現在の日本において、株で得た収益への税率は10%です。
ですが、その他の場合(FXでの収益も含む)の税率は
20%と、さらに高税率なのです。
例えば、FXで100万円の利益が出ても、収める税金は
20万円にもなるのです。。。やるせませんね。
仮に500万円の収益なら100万円・・・
とられすぎじゃないですか?



FXにおける税金には、この様な税率になっているので、
正しいFXにおける税金対策を考えていきましょう。
FX税金についてでした。





  • SEO対策 KENNAVI